« Invitation | トップページ | The phanton of the opera »

2005/02/21

guiltyへようこそ

前の会社の、先輩がお店を開いた。

遊びに行こうと思っていたが
なかなか行けず・・・

しかし、友達が静岡に移動になるとかで
その相談兼遊びに行く事に。
久しぶりに、前の会社へ行き
そこで、先輩のお店の場所を聞いて行く事に決定

まずは、4年ぶりの前の会社へ・・・

行きたくなーい・・・・ 

行きたくなーい。

行きたくない!!

なんか知らないが、無性にドキドキ。
同期も一人しかいないし。

懐かしいが、嫌な思い出も沢山あり・・
もちろん一年足らずで辞めたわけだから、嫌で辞めたわけで・・。

まだ若い頃の私は、一人で事務所で泣きましたよ。
「何やってるんだろう・・・」って 
疲れてると、自然に涙がでてくるんです。(本当)
そんで泣いて、また疲れる。
そのうち、何で泣いてるのかわかんなくなってた。
仕事で泣いたのは、その一回だけ。
毎日毎日、12時間以上の労働。
休む暇もナシ。
彼にも会えない、旅行も行けない。遊べない。自分の時間がない。
習い事もできない。
仕事しかない毎日が、いやでした。
夏には、一年たったら辞めようって決意を固めてました。

そんな思い出を思い出しつつ、道で部長に会う。

相変わらず、うさんくさい。

しなくて良い館内の案内をしだす。

そして、展望レストランへ
(私が働いていたときは、なかった。)

そこで、お茶をご馳走になり、部長のうさんくさい話を聞かされる。

いつも素敵な笑顔だった先輩が、顔をだしてくれほっとする。

早く抜け出したい私は、さっさと先輩のお店を聞いて脱出。

早速、向かうが・・・・・
残念ながら、定休日でした・・・・
連絡すれば、良かった。つーか先にしろよって感じですね。
しょうがないので、手紙を書いておいて置く。

すごーく美人なママになっているでしょう。
つーかすげー美人です。(bookmarkのH.P見てしょうだい!)
すでに一緒に働いている時から、夜の雰囲気でてましたw
私より○歳くらい年上だったはず。(プライバシー?なので)
大人の女ですよ、まさしく。
美人なのに、よく仕事して気を使っていただいて。
当時の素直すぎる(?)私には、あまりダークな部分の
話はしてくれませんでしたw
「うさこちゃんには、言えないわ・・・」と

その後すぐに、メールにお返事をくれました。
思わず店へ電話しちゃううさこ。
元気そうな先輩の声が聞けてよかった。

また必ず行こうと思いました。

お店が繁盛するように!!
埼玉へ行く際は、是非guiltyへ

|

« Invitation | トップページ | The phanton of the opera »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60564/3025717

この記事へのトラックバック一覧です: guiltyへようこそ:

« Invitation | トップページ | The phanton of the opera »