書籍・雑誌

2009/08/10

今月の読書

今日の大雨と地震に


ビビりました・・・despair


だって


Image146


パラドックス13を読んだばかりですから・・・


東野圭吾ってこうフワ~って感じの
作家だと思ってましたが
こういうSF的なのも、いいな~。


始まってすぐに、異次元?に飛ばされちゃうんですが
そこは、つまり地球であっても地球じゃない
人間は住んじゃいけない世界なのです。


しかも東京が設定だから、じっくり入り込める


あ~、こんなに強く生きられないよ・・・wobbly


自分ってなんて現代っ子かしら

なんて、強く感じた。


中でも、バリアフリーの話


バリアフリーって、手すりをつけたり
階段の段差をなくしたり、エレベーターを設置したり
そういうことって、実は物に頼ってる

でも、建物が崩壊しても、老人はいるわけで
本当のバリアフリーって
人が手を貸すことなんだよね。


なるほどね。


読みやすかったので、すぐに読めたよ。

次は、若だんなシリーズ


Image147


出ると読んじゃう

若だんなの、病弱ぶりを説明する最初が好き。


最初のフリ的な部分は

ハリポタ似だと思います。

この若だんなシリーズの今回

好きな部分は

神様との対決

考え方が面白いんですよね。

目線が違う


桃太郎と浦島太郎


桃太郎が鬼を退治しに行って
鬼の宝を持ち帰る、って部分


実は


鬼目線でいえば

宝は、元々鬼の持ち物だったかも知れない。


そして、突然来た桃太郎に
宝を持ちされた。


って事になるじゃない?


ほほ~


そんなこと、一度も考えたことなかった。


そういう目線て、大事かも。

他人の事って、考えてる様で
実際は、自分目線でしか
考えてませんから。

だから、そういう柔軟な物も見方も
出来る人になりたいな~。

|

2009/06/25

文学に触れる

太宰治が生誕100周年ってことで
いろいろニュースになってた。


最近の本も、好きだけど
コテコテの純文学も良いかしら?


と思い

読んだのは

「人間失格」

会社の人に借りようと
思ってたんですが
本屋さんに行ったら
案外お安く販売されてました。
¥290くらい

いろーんな、会社から出版されてて
どれにしようか逆に迷うほどsweat02
作品は、ひとつなんですけど。

作品解説・年表と桜桃が収録されてたので
角川文庫にしました。


読み終わった感想としては
現代に例えるなら、ヒモ暮らし
ヘラへラ生きて、すいませんって感じな内容

でも、誰にでもこれくらいの
ダークな部分って持ってるんじゃない?
ダークな部分がやや90パーセントを占めてて
生きるのが苦しいみたいな。

たとえ現代でも
生きにくい人だ。と思う

100年経とうが、何年たとうが
魅力的に読めるのは
素晴らしいってことだね。

あと100年たっても
人間の本質なんて、変わりないから
まだまだ、読み継がれるんでしょうね~。

では失敬。


|

2009/04/26

読書

ハードカバーって好きじゃないんだけどさ
重いっていうのが、何より嫌だpout

でも、文庫化まで待てないよ~


ってことで、重くても高くても買う

ゆくゆくは、財産になるし

Image115


この二冊

悼む人はね~
自分は、こんなに強く生きられないし、死ねないよ・・・・。


暴雪國
いろんな人が登場して、どうやって繋がるのかな~?
と思ってると、うまーく結末まで流れます。
土地勘があればもっと面白いのにと思った。

|

2008/06/10

不気味なのに素敵なもの

本屋でみんなの誕生日プレゼントを物色中
発見した写真集

Image042


廃墟の写真集です

なぜか、ステキ!!


冒険してるみたい


寂れた雰囲気
ノスタルジック
異様な空間
忘れられた時間

昔は動いてたのに、いまは眠ってるだけ

そんな建物がたくさん


以前テレビで、廃墟を探索する人たちを
特集してる番組があって
その時は、うわ~。
悪趣味だ!!

と思ってました。

でも、写真集を見たら、なんか分かる気がした。


これも


おそそめ

|

図書館が!!

図書館が大変な事に!!


それがこれ↓↓↓


Image045


いやー。こういうの好き。

でも、ちょっと苦手な部分もある。

文章の構成というか・・・
読みにくいんだけど、慣れれば平気
なにが読みずらいって、専門用語というか
小難しい言葉とか、う~ん・・・・
まあ、書き手の趣味なんじゃないでしょうか?


近い将来こんな未来があるかも
しれないですね。


ちなみに、夜中にアニメもやってます。

この夜中のアニメ。
イノタミナ
侮れない。

もやしもん も超おそそめです。

それは後ほど

|

2007/09/08

品格

これまた、オカンがうさこの部屋に
置いていった本

Image18


女性の品格


ふむふむ。


なんだか、女子として考えさせられるわ~。


というより、人としてね。

常識的な考えを、書いてるだけなんだけど
活字にすると、そうだな~と
納得します。

人って大切なことを、忘れがちなのよね。

中でも・・
軽い口約束はしない。とか
断るときは、なるべく早く、且つ丁寧に。

誘ってもらった時とか、何とかなりそうかも~と
思って先延ばしにして、結局だめ・・とかになると
やっぱり相手に悪いものね。
次の人を見つけるのだって、一苦労だし。

軽い約束をして、結局実行できなかったり・・
悪いな~と思う。そして、残念に思うことも
多々あるし・・。


そういうことは、なるべくしない!!

それが、女性の品格に繋がるそうです。


|

2007/09/07

題名が!

姉が「読め!」とうさこの部屋に
置いていった本

Image17

バチスタを書いた人ね。

これから、読もうと思います。


感想は、また後ほど。


でも、ぱっと見
題名すら漢字が読めないんですが・・・・。


A=らでんめいきゅう と 読みます。
かいどう たける 著

|

2007/08/14

楽園

楽園 上・下 宮部みゆき

読み始めたら、とまらなーい!

本当は、違う本が欲しくて本屋さんに行ったら
はっけーん!!

もちろんご購入させていただきました。

待ちきれなくて、電車の中で読みまくり
寝る前まで読みまくり、次の日の通勤電車でも
読みまくり、二日で読み終わりました。

模倣犯の続きという形で
進んでいくんだけど、模倣犯を読んでない人でも
読めなくは、ない。

うさこのお気にいりキャラは、やっぱり
お母さんキャラの萩谷敏子さんだわ。

この人が物語りのきっかけを作り
やわらかくして、結末へ持っていってくれます。
このキャラがいないと、きっとつまんないだわ~。

いつもどおりちょっとサイキック系が
入ってますが・・。
それでも、おもしろかった。

これでまた本読みたい病が発生してしまうかも。

Image2


|

2007/04/13

新しい本その2

本屋にヒマがあると行っちゃうのね。

会社帰りとか。


V601002


新作コーナーで発見!

でもさ~。お財布見たら1500円しか入ってないの!

本の値段は1470円ね。

30円しか、帰り賃がなくなるけど
お財布の中身が寂しくなるけど
まあ、買ってしまったのね。


まだ途中までしか、読んでないけど
面白いの。

時代物です。

時代ものスキなの。

当然、タイムスリップしても
うさこは、町娘とか長屋の娘とかなはずでしょ?
だから、現実味がある物語が好き。
すごく入り込めるしね。

おそそめです

|

新しい本

本屋に行ったら、新作を必ずチェックです。

でもこれは、姉からのお下がり
というか、借りた本。


案外、面白かったけど
専門用語が使われてて、ちょっとむずかしい

V601001


でも、なんだか主人公がのほほ~んとしてるので
内容がハードなのに、ハードになってない。

おそそめです。

黄色のカバー(チームバチスタの栄光)が先で
青色カバー(ナイチンゲールの沈黙)が後。

本のカバーってなんだかステキ・・・
だと思うのはわたしだけでしょうか??

|

より以前の記事一覧